サミット株式会社

COMPANY導入により、人事担当者が13名から6名に半減

食品スーパーを中心に、その他生活関連商品の小売チェーンを展開するサミット株式会社は、約1200名の正社員の他に、7000名近いパート社員を抱える。事業所数も多く、毎月発生する社員の配置転換などに柔軟に対応するため高機能な新人事システムが求められていた。
ホストシステムの撤廃決定を機に、新たな人事給与システムの選定が始まる。ホストシステムからの切り替えが間近に迫る中、サミットはCOMPANYを選択する。

COMPANYを導入しての一番の効果は給与計算の効率化

「COMPANY導入による一番の効果は、給与計算の効率化でした。COMPANY導入前は人事部に正社員が13名いましたが、導入から3年、正社員は6名に減りました。複雑な給与計算をCOMPANYにより自動化できた結果です。給与の締め日になると人事部総出で早朝から深夜まで給与計算をしていた以前の状態が嘘のようです」と人事担当者は話す。

以前は、給与専任の担当者が3名いたが、現在は1名で毎月の給与計算業務を行っているという。

「現在は、業務といっても、COMPANYのオペレーションが正常に回っているかというチェックに過ぎず、以前のようにひとつひとつ照合していくなどの作業は全く必要ありません。今後はその業務も徐々にパート社員の方へ移行させようと思っています」

サミットが実現した人事業務における改善

サミットは、人事情報の管理業務においてもCOMPANY導入により大幅な業務効率化を果たす。

これまでサミットでは、研修履歴・経歴・資格など各種データを紙で管理していたが、COMPANY導入により、これらデータの管理がスムーズに行えるようになったという。

「用途に合わせた形で容易に出力できるため、データ管理が非常に楽になりました」

また、各地へ積極的な店舗展開を進めるサミットでは、頻繁な店舗情報のメンテナンスと人事異動が発生する。1店舗の新店発令に関連し異動する人はおよそ100名。COMPANY導入前、異動の手書き処理だけで約1週間要していたが、導入後は、異動決定から1日で処理を終えるなど合理化を果たした。

「システムを自社開発していた頃は、法改正時にも相当な時間とお金を要していましたが、COMPANYはそれにも無償バージョンアップで対応してくれるのでとても助かっています」と担当者は話す。

ワークスのBPOサービスを活用 ~さらなる効率化へ~

サミットは、さらに、COMPANYをツールとし運用体制の最小化を目指すワークスアプリケーションズのアウトソーシングサービス「BPOサービス(※1)」を採用した。

「COMPANYを熟知しているワークスに業務を外注することで、突発事項に対処してもらえますし、我々の業務について、より効率的な運用をしてもらうことで、リソースとしてのCOMPANYを最大限活用できることが魅力でした」

COMPANYを中長期的な人事の基幹システムとして位置付けるのであればBPOサービスはリスクヘッジにも非常に有効だとサミットの人事担当者は強調する。

サミット人事部が目指す「戦略的な人事部」

「今後は、人事部の本来の仕事である、時代の変化に合った制度やその運用方法を考えていくことに注力したいですね。人事部は事務的な作業に忙殺される傾向がありますが、それらはシステムで対応できるものが多く、システム化やパート社員の活用を含め、さらなる効率化を進めていきたいと考えています」

※1)BPOサービスとは
業務運用にかかるコストの削減を推進し、お客様が人事企画など本来の戦略的業務へ注力できる環境を整えることを目的としたワークスアプリケーションズのアウトソーシングサービス。

※本原稿は2005年7月の内容となっております。

サミット 会社概要

生鮮食品を主体とするスーパーマーケットを首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)で87店舗展開。独自の鮮度管理システムなど開発力に定評がある。また、言語化された経営で共通認識を高める「バーヴァル・マネジメント」や科学的分析で効率的な管理運営を実現する「L.S.P.(Labor Scheduling Program)」など革新的な経営戦略を拡充している。

社名
サミット株式会社
本部
東京都杉並区永福3丁目57番地14
URL
http://www.summitstore.co.jp/
設立
1963年7月29日
資本金
39億2000万円
代表者
代表取締役社長 田尻 一
事業内容
食品スーパーおよびその他生活関連商品の小売チェーン
従業員数
連結:13,660名(2008年6月15日現在)

ご利用の製品

  • 人事・給与