WORKS APPLICATIONS

住友電装株式会社、「COMPANY」人事シリーズを 利用した業務改善を推進~グローバル人材管理を見据え、人事システム基盤の整備を加速化~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、住友電装株式会社(本社:三重県四日市市、代表取締役執行役員社長:井上治、以下住友電装)が取り組む「業務改善推進プロジェクト」に
「COMPANY」HRシリーズをご採用いただきましたので、お知らせいたします。

グローバルに展開する製造業の人事システムに「COMPANY」を採用

sumitomodenso.jpg

住友電装は世界32カ国にネットワークを持ち、自動車用ワイヤーハーネス製品の開発および製造をグローバルに展開し、同分野において世界で第2位のシェアを占める企業です。同社においては、旧人事システムの老朽化にともなう「人事システム」の再構築が急務となっておりました。
それに伴い「事務ミスの撲滅」を目的として、抜本的な業務改善に取り組むこととし、それが実現できるシステムへの刷新を検討しておりました。

標準機能の豊富さ、拡張性の高さを活かし、「業務改善推進プロジェクト」に取り組む

こうした背景から、法改正、制度変更等へのシステム対応はもちろん、グループ企業の一括管理や、日々の業務改善を行う上で必要となる機能を予め豊富に搭載する
「COMPANY」が新システムに選定されました。
制度変更に伴うシステム改修に追加コストが一切発生しないビジネスモデルを掲げる
「COMPANY」を用いて、同社では段階的にシステムの利用範囲を広げ「業務改善推進プロジェクト」に取り組んでいます。

また「COMPANY Web Service」を利用し、従来は紙で行っていた人事異動申請を、Web上で申請することにより、入力漏れや誤記入の防止、ワークフロー化によるスピーディーな決裁業務を実現し、関連業務の工数削減を見込んでいます。
今後はさらにWeb上での年末調整業務や、住所変更、家族情報の変更といった各種申請書のワークフロー化が検討されています。

従業員のキャリア支援に「COMPANY」を活用、今後はグローバル人材管理の検討も行う

同社では自己申告をWeb上で実施することにより、従業員のキャリア形成に関する
情報収集を効率的に行っています。一方「COMPANY」の台帳照会機能を活用し、
従業員の基本情報、評価、教育履歴等を一元的に集約した「育成カルテ」を作成し、
上司と部下の面談時に活用する取組みを開始しています。

今後は、グローバル人材管理の強化についても「COMPANY」機能を活用した業務改善を検討されています。ワークスでは「COMPANY」を既に導入し、グローバル人材管理に活用している先進企業の事例やノウハウを活かし、住友電装の更なる業務改善を多角的にサポートしてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:向井
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp