WORKS APPLICATIONS

島根県、新給与管理システムに「COMPANY」を採用~事務効率化と運用経費削減を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、島根県(本庁:島根県松江市、知事:溝口善兵衛)より、「COMPANY 給与」を受注いたしましたのでお知らせいたします。

手作業による業務ロスと、システム改修コストの肥大化が課題に

20140925_skc_1.png

島根県は、人口約70万人、職員数約1万4千人の自治体です(平成25年調べ)。八百万の神様が縁結びのために集まる「ご縁の国」として、情報発信やイベントを実施するなど、観光産業に注力しています。 一方で、ITを活用した業務改革も推進しており、情報通信システム全体の見直しに取り組んでいます。開発・調達協議制度の導入やシステム評価の実施、専用端末の廃止やネットワークの統合など、費用対効果を高めるための取り組みを進めた結果、平成18年度から23年度までの6年間で約8.5億円の経費削減を達成しています。 給与システムについては、データベースの検索機能や抽出機能がないため、システム外でアクセスやエクセルを利用しており、膨大な手作業が発生していました。また、制度改正に応じて改修を繰り返した結果、プログラムが複雑化し、システム改修コストが肥大化していました。

事務の効率化と経費削減を目指して、「COMPANY」を採用

島根県は以下2つの目的を掲げてシステム選定した結果、「COMPANY」を採用しました。

  1. 事務の効率化
    現在、手作業で行っている事務をシステム化し、手作業や重複作業の削減を図ること。帳票を電子化することで、大量一括印刷を見直し、ペーパーレス化、仕分けなどの事務負担を軽減すること。
  2. 経費の削減
    多大な労力のかかっていた運用保守業務を見直すことにより、運用保守経費を削減すること。拡張性・柔軟性の優れたシステムを採用し、改修などにかかわる追加経費を削減すること。

ワークスは、今後も自治体や民間企業などの業態を問わず、より多くの法人・企業の情報投資効率を向上できるよう努めてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:岡田 太田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp