WORKS APPLICATIONS

ノエビア、2.5ヶ月で財務会計・人事労務システムをクラウドへ ~ワークスのAWS運用サービス「CCMS」を採用~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者: 牧野正幸、以下 ワークス)は、株式会社ノエビア(神戸本社:兵庫県神戸市、東京本社: 東京都中央区、代表取締役社長:海田安夫、以下 ノエビア)に、アマゾンウェブサービス (以下、AWS)を利用したクラウド運用サービスである「COMPANY on Cloud Managed Service」(以下、CCMS)の提供を開始しましたので、お知らせいたします。

「COMPANY」AC・HRシリーズの利用に伴い、インフラ運用の効率化に着目

20140717.png

ノエビアは「自然を科学する」をポリシーに、化粧品・医薬部外品の製造・販売を行う会社です。真の自然派とは「お肌に自然」であることと捉え、独自の植物配合論をもとに安心・安全、かつ機能性の高い商品を生み出し続けています。
ノエビアでは、2008年より「COMPANY」AC・HRシリーズを利用し、バックオフィスにおける情報システム投資費用の削減に取り組んでいます。一方インフラに関しては、オンプレミスで独自に運用していたため、貴重な人的リソースをサーバの運用管理に割かなければならない状況でした。そこで同社は、インフラの定型運用業務の効率化に着目しました。

インフラからアプリまで一貫した問題解決を可能とする「CCMS」の採用

ノエビアは、エンタープライズでの利用が進むAWSを利用した「CCMS」の採用を決定しました。「CCMS」はAWSの構築・運用をワークスが代行するため、ノエビアはインフラからアプリケーションまで一貫してワークスに運用・保守を委託できます。自社でのサーバ運用が不要となるため、システム企画などの戦略業務に人的資源を集中させることが可能となります。

「COMPANY」に特化した導入パッケージサービスで、2.5ヶ月での移行を実現

「CCMS」の導入サービスは、AWSの設計から移行、評価、検収までを「COMPANY」に合わせてパッケージ化しているため、各社ごとの設計、評価、検収が不要で、短期間でのクラウド移行を実現します。ワークスは2008年から他社に先行してエンタープライズ向けAWSの実用化研究を行い、導入ノウハウをパッケージに組み込み続けてきた結果、2.5ヶ月での短期移行に成功しました。
ワークスは「CCMS」により、インフラからアプリケーションまで一貫した問題解決を行い、より一層お客様の情報投資効率向上に貢献してまいります。

導入

ネットワーク環境・サーバ環境の構築
Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 、Amazon EC2を用いたクラウド環境の構築

運用

セキュリティ
トレンドマイクロのサーバセキュリティ技術による不正プログラム対策、ぜい弱性対策
リソース管理
日々のインスタンスの起動停止、スケール変更対応
監視
死活監視、ログ監視、性能監視
バックアップ
インスタンス、ログ、データの無停止バックアップ
障害対応
各種障害からの自動復旧(24時間365日対応)
システム診断
利用コストレポート、リソース使用状況レポート
この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:藤井、岡田、太田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp