WORKS APPLICATIONS

びっくりドンキーのアレフ、「COMPANY」会計シリーズ運用開始~グループ経理業務を集約し、業務効率化を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、株式会社アレフ(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:庄司大、以下 アレフ)より、「COMPANY Financial Management」「COMPANY Business Management」「COMPANY Assets Management」を受注し、稼動いたしましたのでお知らせいたします。

店舗拡大に伴う業務量の増加をきっかけに、検討開始

21040709.png

アレフは、ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」をはじめとした12のレストラン事業を手掛け、全国に339店舗を展開する会社です。各店舗からでる生ごみを外部業者に委託するのではなく社内で有効活用する「生ごみリサイクル活動」や、冬も田んぼに水を張り続けることで生態系を復活させる「ふゆみずたんぼ」など、食の提供のみならず環境保全・農業の振興にも注力する会社です。アレフは従来、幹線道路沿いの郊外店を中心に展開してきましたが、都心部の地価下落により2010年頃から都心部での展開を加速してきました。店舗の拡大に伴い、固定資産件数の増加や、既存店売上分析や店舗統廃合等の業務の増大をきっかけに、業務効率化を目指してシステム検討が始まりました。

グループ経理業務を集約し、業務効率化につなげられる「COMPANY」を採用

アレフは新財務会計システムに「COMPANY」を採用しました。採用にあたって特に評価されたのは、以下の2点です。

  1. 親会社だけでなく、グループ子会社の経理業務までシステム内で一元管理することで、業務を効率化していける点。
    経理業務が平準化されるため、今後はグループ全体での人員の最適配置が可能となります。
  2. 税制改正やIFRSなど、導入後の外部・内部環境の変更に無償バージョンアップ(※)により対応するため、永続的な業務の最適化が可能な点。

アレフは、「COMPANY」を通じて情報投資効率を上げることで、顧客価値創造へ向けた投資を行い、「びっくりドンキー」の店舗数600店を目指します。ワークスは、アレフでの「COMPANY」会計シリーズの稼動を皮切りに、今後も北海道エリアでの会計シリーズの拡販を強化してまいります。

(※)「COMPANY」3つの製品コンセプト

  • ノーカスタマイズ
    業種・業態を問わず大手法人に必要となる業務機能を標準機能で網羅しております。
    お客様の業務をパラメータの設定で実現するため、期間を抑えたシステム導入が可能となります。

  • 無償バージョンアップ
    法改正等の外部環境、業務や制度変更等の内部環境、インフラ・アーキテクチャーの変化にも年数回の無償バージョンアップによって、最新のパッケージ機能を提供。時代の変化に合わせ、標準機能を常に拡充しています。

  • ギャランティメンテナンス・サービス
    「業務を絶対に止めない」ことをポリシーに、システム保守にとどまらない、様々なサービスを提供しております。
    また、追加コストが一切不要なため、運用・維持コストが明確です。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:藤井、岡田、太田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp