WORKS APPLICATIONS

徳島大学、ワークスアプリケーションズの人事給与システム運用開始~国立大学法人向けの導入テンプレートを活用し、短期間での構築を実現~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下ワークス)は、国立大学法人徳島大学(本部:徳島県徳島市 学長:香川征、以下徳島大学)より人事給与システムとして「COMPANY」人事シリーズを2011年10月に受注、半年の導入期間を経て2012年4月より稼動いたしましたので、お知らせいたします。

人事情報の統合管理と費用削減を目的に、人事給与システムを6か月間で構築

徳島大学は、全5学部、約8,000名(大学院含め)の学生を抱える、四国の国立総合大学です。同大学では、「COMPANY」人事シリーズの導入を2011年10月に決定しましたが、翌4月からの稼動に向け、半年間で新システムを構築する必要がありました。

そこで、「COMPANY」では、一般的な要件定義・開発からスタートする導入手法ではなく、パッケージの標準機能の中から必要機能の選択、移行データの洗い出しを行うことにより、短期間での導入を実現いたしました。
加えて通常であればカスタマイズ等、個別の追加開発での対応となる範囲においても、「COMPANY」は標準機能として無償で機能を拡張していくことをコンセプト(※)に掲げており、制度変更時等にもシステムの複雑化や属人化、追加費用の発生といった、あらゆるリスクを排除したシステム構築を行いました。

導入プロジェクトをテンプレート化することで、導入工数を3分の1に短縮

「COMPANY」では、国立大学法人間の制度が共通しているという特徴を活かし、各大学法人の設定内容をテンプレートとして、大学間で共有し合う取り組みを行っております。徳島大学では、この「COMPANY」を既に運用している他大学の設定内容を活用した「テンプレート導入」を実施したことで、プロジェクトの導入工数を通常の3分の1程度に抑えたシステム構築を実現いたしました。同様に、追加導入の際にも他大学の先行事例を活かして、導入期間の短期化・工数の削減を図ることも、今後の視野に入れております。

ワークスは、徳島大学のテンプレート導入を通じて、国立大学法人向け「COMPANY」の短期構築プロジェクトをさらに進めていく予定です。こうした大学間における取り組みを通じて、大学法人における「COMPANY」の効果的な利用の拡大を支援してまいります。

「COMPANY」3つの製品コンセプト

  • ノーカスタマイズ
    業種・業態を問わず大手法人に必要となる業務機能を標準機能で網羅しております。お客様の業務をパラメータの設定で実現するため、期間を抑えたシステム導入が可能となります。
  • 無償バージョンアップ
    法改正等の外部環境、業務や制度変更等の内部環境、インフラ・アーキテクチャーの変化にも年数回の無償バージョンアップによって、最新のパッケージ機能を提供。時代の変化に合わせ、標準機能を常に拡充しています。 
  • ギャランティメンテナンス・サービス
    「業務を絶対に止めない」ことをポリシーに、システム保守にとどまらない、様々なサービスを提供しております。また、追加コストが一切不要なため、運用・維持コストが明確です。

国立大学法人 徳島大学 大学概要

設立 1949年 5月31日
代表者 学長 香川 征
所在地 徳島県徳島市新蔵町2丁目24番地
資本金 467億4,500万円(政府全額出資)

関連リリース

ワークスアプリケーションズ、徳島大学よりHRシステムを受注
~人事管理を「COMPANY」で統合、業務の効率化・システム費用の削減を図る~ 
(2011年10月28日発表)

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:向井
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp