WORKS APPLICATIONS

双日アジア、急成長するASEAN市場にあわせ戦略人事を強化 15カ国25拠点の現地スタッフを1DBで見える化に~大手企業1,000社のベストプラクティスを実装した「COMPANY」を採用~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、Sojitz Asia Pte. Ltd.(本社:Singapore Robinson、CEO 吉村利治、以下 双日アジア)より、人材マネジメントシステムとして「COMPANY」 HCMを受注いたしましたのでお知らせいたします。

「戦略を持った人材管理」がリージョンヘッドクォーターに求められる重要な役割

日本企業の海外進出加速にともない現地法人が急増している中、多くの企業は、自社の海外拠点において「どこにどんな人材がいるか」を正確に把握・管理できておらず、人材の有効活用が課題となっています。また、コア人材の流動が激しいグローバル市場で成長を続けるためには、自社の人材を把握し、優秀な人材にはチャンスを与え適材適所・適切な育成を行うことで人材の流出を抑制することが重要となります。
双日アジアではこれらに対応するため、ベトナム・タイ・インドネシア・フィリピンなどリージョンの人事統括システムとして「COMPANY」を導入し、人材マネジメントを強化します。

各国異なる法律や評価制度にもカスタマイズなく導入、一元管理可能な「COMPANY」

「COMPANY」は大手企業約1,000企業グループがノーカスタマイズで利用できる豊富な機能数を実装しています。今回のシステム選定にあたって特に評価されたのは、グループ会社の管理機能が優れていて、この機能を利用してASEAN地域15カ国、それぞれにある法律や評価制度を一元管理することが可能な点です。

1つのDBで複数の異なる制度を管理できる「COMPANY」を使い、アジア各国にある事業戦略に必要な人材の抜粋、研修・最適配置などの人事施策を行うことで生産性の向上を図り、急成長するASEAN市場での競争力を強化します。

ワークスでは、今後も海外にある日本の現地法人に対し積極的に販売を拡大し、製品を通じて日本企業の国際競争力強化へ貢献してまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:金田、藤井、岡田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp