ダスキン、IT投資コスト削減を狙い「HUE」採用

~経営効率を最適化し、持続的成長を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社 : 東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:山村 輝治、以下 ダスキン)より、次世代資産管理システムとして人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE Asset」を受注いたしましたのでお知らせします。

持続的成長を目指し、情報システム開発・運用費の見直しを断行

0621.jpgダスキンは、水を使わない拭き掃除を可能にする化学ぞうきんのレンタル事業により創業した会社です。全国の主婦をつらい家事から解放し、この喜びを1人でも多くの人に届けたいとの想いから、フランチャイズという流通形態を確立しました。
少子高齢化・ライフスタイルの多様化が進むなか、ダスキンではお客様ニーズに応える商品・技術開発の強化に取り組むと共に、生産・物流・調達のコスト削減および情報システム開発・運用費の見直しを断行することで、持続的成長を目指しています。 

 

HUE」採用の決め手は費用対効果-IFRS対応へ向けて‐

20160923_2.pngダスキンは、次世代の資産管理システムとして人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE Asset」を採用しました。「HUE」は税法改正、社内制度変更やM&Aといった将来的な経営環境の変化に対し無償で追従します。また、セキュリティなどのテクノロジーの進化にも無償対応するため、常に最新の製品を利用できます。そのため、定額保守料以外に追加費用が発生することがなく、長期的なIT投資コスト削減に繋がります。
ダスキンでは、将来的なIFRS対応コストを含めて既存システムのバージョンアップと「HUE」への刷新を比較検討した結果、長期的なコストメリットの高い「HUE」を採用しました。

ダスキンは、「HUE」の活用をはじめとした長期的なIT投資コストの削減に取り組むと同時に、生産・物流・調達などのコスト構造を見直すことで、経営効率の最適化を図っています。ワークスは、今後もダスキンの持続的成長をシステム基盤から支援してまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:岡田
TEL : 03-6229-1210  FAX : 03-6229-1211  Eメール: pr@worksap.co.jp