すかいらーく、台湾での店舗数拡大と海外積極展開を見据えて「COMPANY」を採用、大幅コスト削減とQSC向上を同時に目指す

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、株式会社すかいらーくの台湾法人である雲雀國際股份有限公司(本社:台北市南新細明體港区、董事長:田中基、以下 台湾すかいらーく)より、「COMPANY HCM&Payroll」「COMPANY Workforce Self-Service」「COMPANY Attendance Management」を受注いたしましたのでお知らせいたします。

今後3年間で台湾新規出店を加速し事業を拡大、さらには海外積極展開も見据える

20161227_1.jpg台湾すかいらーくは、ファミリーレストラン最大手である株式会社すかいらーくの台湾法人として 1982年に設立されました。洋食の「スカイラーク」和食の「藍屋」など台湾でこれまでに 45店舗を展開(2016年8月末時点)、 2015年6月に1号店をオープンしたしゃぶしゃぶ専門店「しゃぶ葉」も好調に推移し、多店舗展開を計画しています。台湾での事業拡大でノウハウを蓄え、外食市場の成長が見込める他の市場への展開を見据えた運用体制を構築しています。

事業拡大に伴うさらなるブランド構築・QSCの向上のため、優秀な人材が働きやすい環境づくりを

事業の成功には、台湾でのさらなるブランド構築・QSC(Quality, Service, Cleanliness)向上が鍵であり、そのために優秀な人材が定着・活躍する環境構築が急務でした。そこで、柔軟なシフトで、能力や実績に応じて正当な評価を得る、長期にわたり勤務できる職場環境を実現するシステム導入・活用に踏み切りました。様々な勤務形態の従業員に対して柔軟なシフトを効率的に組むことができ、遅刻・欠勤・残業有無などの情報を正確にリアルタイムで把握・一元管理することができる「COMPANY」を採用しました。また、なりすまし勤務防止のために指紋打刻機と連携するといった工夫も取り入れています。これらの取り組みを進めることで、年々規制が厳しくなる台湾労働局への対応強化に繋げています。


優秀な人材が定着・活躍する職場構築と業務効率化を同時に実現する「COMPANY」

採用にあたって評価されたのは、以下の3点です。

  1. 多様な勤務形態の従業員のシフトを柔軟かつ効率的に組むことができ、また店舗における労務管理レベルの向上を実現できる点。

  2. 各国の商習慣や法改正に対応可能であり、グローバルで活用できる人事管理システムである点。海外での積極展開を見据え、台湾での運用構築を目指しています。

  3. 業務効率化による大幅なコスト削減効果が見込める点。

ワークスでは、今後もグローバル企業の情報投資効率向上に努めてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:門
中国現地広報担当:洪、劉
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp