太陽生命、「COMPANY」不動産管理システムをオンスケジュールで本格稼動

~ワークス独自の導入手法でプロジェクトを成功に導く~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、太陽生命保険株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中勝英、以下 太陽生命)より、「COMPANY Real Estate Management」(以下、CRE)、「COMPANY Assets Management」、「COMPANY on Cloud Managed Service」を受注し、稼動いたしましたのでお知らせいたします。

効率的な業務運営を阻む業務の属人化・煩雑化が課題

20161014_1.png太陽生命は、保障性商品(死亡・医療・介護保障商品)を主力商品とし、総資産が7兆848億円(平成28年3月末)の生命保険会社です。約120 件の賃貸用ビルを保有し、不動産運用を通じた資産運用収益の向上を推進しています。しかし、20年以上前に構築した不動産管理システムは情報の一部が一元管理されておらず、業務の属人化・煩雑化が進み、新しい契約形態への対応や収支データの管理・分析等に時間がかかっていました。これらの状況を解決するため、賃貸借契約だけでなく、全ての不動産管理業務を標準機能で網羅する唯一の大手企業向けパッケージであるCREを採用しました。

不動産管理システム刷新をスケジュールどおり達成

20161014_2.png太陽生命は今回の不動産・資産管理システムの刷新において、当初のスケジュールどおり2014年4月のプロジェクト開始から1年半での稼動を実現しました。オンスケジュールでの稼動を実現できたのは、第一にワークス独自の導入手法「SPEC」を採用したためです。「SPEC」とは、導入初期段階で基本計画から、業務要件・設定定義・検証方法までを事前に決定するとともに、「COMPANY」に蓄積された豊富な業務ノウハウをもとに標準業務フローを提供する導入手法です。これにより、早期に業務イメージを含めた要件が確定し、導入時の手戻りを減らすことができました。第二に、「COMPANY」は大手企業に想定される全ての業務を標準機能に取り込みます。そのため、アドオン開発が一切発生せず、スケジュールの遅延を防ぐことができました。

プロジェクトオーナー 太陽生命保険株式会社 取締役執行役員 儀賀 信利 様のコメント

「今まで大手企業向けのシステムがなく、不動産管理システムにはアドオンが必須だと思っていた。それが、ワークスの助けのもと、大きな手戻りもなくアドオンなしで計画どおり稼動でき本当によかった。今後も太陽生命の更なる業務改善に向け、サポートしてもらえたらうれしい。」

不動産管理だけでなく、不動産の価値向上を実現する計画的な設備投資をサポート

太陽生命は、業務フロー再構築の過程で従来手作業にて行っていた業務をシステム化したことで業務の属人性を排除でき、効率的な業務運営が可能になりました。また、不動産の物件・契約情報などが一元化されたことにより、部門ごとに管理するデータの整合性担保・エラー解消のための手作業によるデータ修正が不要になり、管理データの信頼性が向上し、煩雑な業務を減らすことができました。

太陽生命は、今後も「COMPANY」を通じて不動産収益向上を目指し、永続的な業務改善に取り組みます。ワークスは、今後も太陽生命の不動産事業における収益最大化をシステム基盤から支援してまいります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:宮西、太田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp