WORKS APPLICATIONS

日本中央競馬会、「COMPANY」でコスト削減~定額保守料のみの運用で、追加予算要求が不要~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、日本中央競馬会(本部:東京都港区、理事長:土川健之、以下 JRA)より、「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」の3製品を受注いたしましたのでお知らせいたします。

システム投資コストの削減を目指して、検討開始

ロゴ1.jpg

JRAは、全国に10ヶ所ある競馬場を運営し、年間のべ288日の競馬開催から、騎手の養成、競走馬の育成・調教までを行う特殊法人です。他の特殊法人と異なり、毎年数千億円にのぼる国庫納付金を納め、畜産振興や社会福祉に貢献する公共性の高い法人です。「競馬を楽しんでいただくためにはJRAに対する信頼が不可欠」との考えのもと、競走馬の馬体検査から騎手の禁止薬物使用の有無を調べる理化学検査まで、厳重なチェック体制で公正の確保に取り組んでいます。 
JRAは民間的経営手法を取り入れており、収益改善のためにコスト削減に取り組んでいます。その中で、自社開発システムの開発・運用に関わるコスト削減を目指し、パッケージソフトへの移行に向けた検討が始まりました。 

長期的なコスト削減を実現し、独立法人などで実績が豊富な「COMPANY」を採用

  JRAは新人事システムに「COMPANY」を採用しました。採用にあたって特に評価されたのは、以下の2点です。

  1. 定額保守料の範囲内で法人内外の各種制度変更への対応だけでなく、OSのバージョンアップなどの技術的なものまで対応可能なため、長期的なコスト削減を実現できる点。各種変更に対応するための追加予算要求が不要なため、余分な手間が発生せず、お客様へのサービス拡充に努められます。 
  2. 特殊法人や国立大学法人などの公共性の高い法人への導入実績が豊富なため、業務要件の抜け漏れやコストの上振れ、導入スケジュールの遅延などの問題が発生することなく、確実な稼動を実現できる点。 

JRAは、「COMPANY」の長期運用を通じて、従来は紙面や会議ベースで行ってきた人件費や異動のシミュレーションを「COMPANY」で行うなど、周辺機能の利用を進めることで、長期的なコスト削減を目指します。ワークスは、今後も特殊法人への実績拡大を目指します。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:金田、藤井、岡田、太田
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示