WORKS APPLICATIONS

世界屈指のインド工科大学(※1)学生らが夏期インターンシップに参加~ 昨年比3倍の人数を、シンガポール・東京・大阪で受け入れ ~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸)は、5月中旬から7月中旬にかけて、世界中から優秀なエンジニアの学生をインターンシップ生として受け入れることを決定いたしました。昨年より開始いたしました同取り組みが大学のキャリアセンターおよび学生内で話題となり、2014年度は、世界最高峰レベルの教育機関とされるインド工科大学やシンガポールの大学などから、昨年の9名を大きく上回る、計28名が参加するはこびとなりました。

学生・社員が技術を介して接触し、イノベーションを起こす

同インターンシップは、ビジネス上の技術における問題解決の過程で、実践レベルで参加学生の技術力を底上げさせることに貢献しています。また、当社の社員も学生と技術を介して接触し、多くの刺激を受けることで、自社の技術発展にも良い影響を与えています。

【インターンシップ生を受け入れた部門長の声】

高い技術力を有しているだけではなく、新しい技術の習得が速いことに驚いた。 就業体験を通して、難度の高い技術的問題を解決していく過程で、社内にも良い刺激となった。

【インターンシップ生と業務を行なった社員の声】

期間中、想定の2倍以上のタスクを完了し、インプットとアウトプット両方の速さに、非常に刺激を受けた。自分が気づくことのできなかったハッキングの視点を指摘してくれたこともあり、異なる視点を持つ人員をチームに持つことの大切さを知ることができた。

世界TOPクラスの技術者を採用し、グローバル展開を加速させる

当社では、2010年に実施した中国の清華大学での採用を皮切りに、中国全土、インド、シンガポール、香港、台湾、イギリスにて、世界TOP200位にランクインする大学の優秀なエンジニアの採用に注力しております。昨年は150名強の外国籍社員が入社し、高いパフォーマンスをもって当社の技術発展に貢献しております。今後はより急速に世界TOPクラスの技術者の採用を拡大させ、国内のみならずグローバル製品の品質向上・拡大を加速してまいります。 (※1)インド工科大学(Indian Institute of Technology、IIT)とは 工学と科学技術を専門とする、インドの15の国立大学の総体。シリコンバレーのIT企業の6割はインド工科大学卒というデータもあり、その学力水準は世界屈指とされている。

受け入れ予定のインターンシップ学生の所属大学

インド人学生25名(IIT Kanpur 4名,IIT Kharagpur 3名,IIT Roorkee 1名,IIT Bombay 1名,IIIT Hyderabad 16名) シンガポール人学生3名(Singapore University of Technology and Design:1名、Nanyang Technological University:1名、National University of Singapore:1名) 

20140521.jpg

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:殿岡、鶴田
TEL : 03-6229-1231
FAX : 03-6229-1201
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示