WORKS APPLICATIONS

ワークスアプリケーションズ、無償の「インフラ健康診断」サービスを開始~パフォーマンス分析を通じて、チューニングからクラウド利用時のコストシミュレーションまでを実施、最適なシステム環境を提供~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、基幹業務パッケージソフト「COMPANY」を導入・利用している顧客企業を対象とした無償のコンサルティングサービス、「SystemInfrastructure Assessment Service(通称:SISE)」(以下SISE)の提供を開始致しましたので、お知らせいたします。

パッケージからインフラまで、統合的に最適なシステム環境を提供し、コスト最小化を実現

ワークスは「日本企業の情報投資効率(ROI)を向上し、社会に貢献する」ことを理念に掲げ、大手企業向けERPパッケージ「COMPANY」を提供してまいりました。 昨今では多くのユーザー企業からのご要望も受け、パッケージの領域のみならず、それに付随するインフラ環境も含めた統合的なROIの向上に取り組んでおります。
このたび「システムの健康診断」をテーマとした、ユーザー企業向け無償サービス、「SISE」の提供を開始いたしました。「SISE」では、現状のシステム稼動状況をアプリケーションとプラットフォーム双方から分析することで、統合的なシステム環境の最適化をコンサルティングいたします。稼動安定性の最大化とコストの最小化を図り、より企業の経営に活かせるシステム環境を提供してまいります。

「SISE」の主なサービス

サーバー稼動状況の分析
独自の稼動状況収集ツールを利用し、一定期間におけるハードウェア・ミドルウェアの稼動状況を調査
各サーバーの稼動状況を可視化し、トラフィックの変動要素とサーバーリソースの過不足を分析
分析結果に基づく最適化提案
稼動状況を元に、ミドルウェアの最適なチューニング値の算出を行い、サーバーリソースの最適化を提案
稼動状況を元に、ハードウェアスペックを再定義し、サーバー構成の最適化を提案
クラウド化シミュレーション
パブリッククラウド/プライベートクラウド/オンプレミス(仮想環境)/オンプレミス(物理環境)ごとに、コストや柔軟性、運用負荷を比較し、顧客ごとに最適なインフラ利用パターンを提案
顧客ごとの稼動状況に応じた最適な稼動時間を算出し、クラウドを利用した場合のコストシミュレーションを提供

本サービスは、他製品に先行してHRシリーズの製品を利用中の顧客を対象に、2012年2月より先行提供を進め、2012年度中に100社への提供を目指してまいります。今後、ACシリーズ、ECシリーズ、SCMシリーズ等の他分野にも展開することで、更なる顧客企業のインフラ最適化を支援してまいります。

サービス実施例

サーバー稼動状況の分析

20120731_6.png

チューニング・スペックに関する弊社所見

20120731_3.png

クラウドコストシミュレーション

20120731_4.png

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当:向井
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示