WORKS APPLICATIONS

株式会社ムーンスター、経理業務の効率化および国際会計基準(IFRS)への 対応を見据えて、「COMPANY」会計シリーズを採用 ~業務効率化による労務費削減を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、株式会社ムーンスター(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長:猪山渡、以下 ムーンスター)より、「COMPANY Financial Management」、
COMPANY Business Management」の「COMPANY」会計シリーズ2製品を受注いたしましたので、お知らせいたします。

標準機能が豊富な会計システム「COMPANY」を採用

screenshot.336
福岡県久留米市に本社・工場を置き、スニーカー、紳士靴などを製造販売するムーンスターでは、経理業務の効率化、および、将来の国際会計基準への対応を見据えて、新たな会計システムとして、「COMPANY Financial Management」、「COMPANY Business Management」の採用を決定しました。

ムーンスターは、債権債務や手形の管理など、独自の管理手法をとっているため、システム化にあたっての要件定義を行った結果、通常のパッケージでは対応が出来ない領域が多く、個別カスタマイズが多数発生することが判明しました。こうした背景から、新システムの選定においては、個別のシステム開発の必要が無く、運用時の追加コストやサポートレベルのばらつきが発生することの無い「COMPANY」の製品コンセプト※が、採用決定の大きな要因になりました。
さらに、会計監査対応の工数が削減されること、および国際会計基準への対応が容易になることも決め手となっております。

「COMPANY」導入で期待する効果

「COMPANY」導入により、ムーンスターでは以下2点の効果を期待しております。

(1)会計業務の効率化により、年間延べ約1000万円の労務費削減へ
必要データの蓄積や各種機能の連携により、シームレスな決算処理、帳票作成などが実現され、決算の早期化が可能となります。また、様々な切り口によるデータ抽出も可能となり、経営判断に有用な情報を迅速かつ正確に提供可能となります。こうした業務の効率化によりムーンスターでは年間約1000万円の労務費削減効果を見込んでいます。
さらに、導入から保守・運用、機能拡張と、一貫して提供されるワークスのサポートにより、長期にわたる安定的かつ効率的な「COMPANY」の活用が追加コストなく実現され、情報投資効果の最大化が可能となります。

(2)会計監査、国際会計基準への容易かつ、柔軟な対応
ムーンスター独自の業務要件に対しても、「COMPANY」の豊富な標準機能によって追加カスタマイズをせずに対応が可能であるため、追加のシステム導入費用が膨らむ心配がなく、国際会計基準をはじめとする法制度の変更や、あらゆる環境の変化に対しても、無償にて機能強化を行い、標準機能に取りこむことが可能となります。こうした「COMPANY」独自の製品コンセプト※により短期間での導入や、柔軟なシステム対応が実現されます。


※製品コンセプト

・ノーカスタマイズ
業種・業態を問わず大手法人に必要となる業務機能を標準機能で網羅しております。お客様の業務をパラメータの設定で実現するため、期間を抑えたシステム導入が可能となります。

・無償バージョンアップ
法改正等の外部環境、社内制度等の内部環境、インフラ・アーキテクチャーの変化にも年数回の無償バージョンアップによって、最新のパッケージ機能を提供。時代の変化に合わせ、標準機能を常に拡充しています。

・ギャランティメンテナンス・サービス
「業務を絶対に止めない」ことをポリシーに、システム保守にとどまらない、様々なサービスを提供しております。また追加コストが一切不要なため運用・維持コストが明確です。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
サービスプロモーショングループ(担当:安部・向井)
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示