WORKS APPLICATIONS

ワークスの大手法人向けERPパッケージ「COMPANY」 Amazon EC2を利用した、パブリッククラウド対応導入サービスを提供開始 ~市場のニーズに合わせた基幹業務パッケージにおける 最適なインフラ環境提供を目指す~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、パブリッククラウド環境「Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)」を利用した「COMPANY Workshop On Cloud」サービスを提供開始いたしましたので、お知らせいたします。

今回の連携に際して、Amazon Web ServicesのDirector of Business Developmentである、Terry Wise氏は以下のようにコメントしております。

“We are excited to be working with Works Applications to accelerate the time to market for their ERP applications on Amazon Web Service platform,” said Terry Wise, Director of Business Development, Amazon Web Services. “Following extensive development and testing to meet Japanese customer’s requirements, this new offering from Works Applications will enable more customers to benefit from the flexibility, scalability and pay as you go approach that Amazon Web Services provides.”

「我々は、ワークスアプリケーションズ様が、Amazon Web Servicesのプラットフォームを利用することで、ERPアプリケーションの導入期間の大幅な短縮を実現されたことを大変うれしく思っています。日本のお客様のニーズを満たすべく、十分な開発、検証期間をかけたことにより、今回のワークスアプリケーションズ様のソリューションは、より多くのERP導入企業様に、Amazon Web Servicesが提供する柔軟性、拡張性、そして従量制課金のメリットを提供する事になるでしょう」

ワークスでは、早期よりパブリッククラウド上におけるパッケージシステムの開発ならびに稼動検証を他のERPソリューションベンダーに先立って行ってまいりました。その結果として、この度Amazon Web Servicesより、日本初のEC2を基盤とした大手法人向けERPを開発し、高い技術力を誇るソリューションベンダーとして認められることとなりました。

クラウドをめぐる市場の概況

クラウド基盤が一般的に広く浸透していく中で、大手法人における基幹業務パッケージシステムについても、インフラ環境に左右されず、サーバーの運用コストを圧縮できる方法が求められるようになりました。しかしながら、基幹業務システムの導入においては、複数の環境を用意する必要があり、インフラ投資が膨らむ傾向があります。また、基幹業務パッケージがパブリッククラウド上で動くためには、アプリケーション自体が、業務・外部・インフラ環境に影響されない柔軟性が要求されることから、これまでは大手法人における基幹業務に関しては、クラウドを基盤とする運用が困難と言われてきました。

基幹業務ERPパッケージ、COMPANYのクラウド対応における独自性

ワークスは「ノーカスタマイズ」(注1)「無償バージョンアップ」(注2)というコンセプトのもと、大手法人約850社への導入実績を有する「COMPANY」を提供してまいりました。さらに、2008年に発足した専任の研究部門においてクラウドの技術研究を進めており、高い技術力の蓄積と「COMPANY」のクラウド対応に取り組んでいます。

ERPパッケージのクラウド化に向けた取り組み「COMPANY Workshop On Cloud」

この度ワークスでは、お客様にとってパブリッククラウドが最適な環境がどうかを、お客様が自ら検証できる場として、「COMPANY Workshop(注3) On Cloud」という取り組みを開始いたしました。これにより、お客様が導入中にパブリッククラウドの有用性を判断することが可能となり、そのための管理コンソール「COMPANY Cloud Console(C3)」も標準機能にて提供されます。

今後の展開

現在、既に先行して「COMPANY」 ECシリーズにてお客様環境をAmazon EC2上に構築し、導入を行っております。今後は「COMPANY」シリーズ全体におけるパブリッククラウド対応を展開してまいります。

<「COMPANY」製品に関する補足>
注1:ノーカスタマイズ
業界・業種を問わず大手法人に必要となる業務機能を標準機能で網羅しております。お客様の業務をパラメータの設定で実現するため、期間を抑えたシステム導入が可能となります。

注2:無償バージョンアップ
法改正等の外部環境、社内制度等の内部環境、インフラ・アーキテクチャーの変化にも年数回の無償バージョンアップによって、最新のパッケージ機能を提供。時代の変化に合わせ、標準機能を常に拡充しています。

注3:COMPANY Workshop
COMPANY導入時や新規機能利用時に、弊社内の専用PJTルームとネットワーク、弊社のコンサルタントによるサポート等をご利用頂けるサービスです。本サービスにより、一般的なPJTにありがちな、担当者がお客様先へ訪問し、打ち合わせを行い、課題を持ち帰る、といった手法とは異なり、導入現場にて、開発・コンサルタントとコミュニケーションを図りながら、リソースを最大限活用いただき、効率的な作業を行うことが可能となります。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
サービスプロモーショングループ(担当:安部・向井)
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示