WORKS APPLICATIONS

CEO牧野著書『君の会社は五年後あるか?』(角川書店)が 丸善・丸の内本店で売上ランキング1位を獲得!

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、以下 ワークス)、代表取締役最高経営責任者の牧野正幸(以下CEO牧野)が角川書店より上梓いたしました『君の会社は五年後あるか?―最も優秀な人材が興奮する組織とは』が、このたび丸善・丸の内本店の新書部門、売上ランキングで1位を獲得いたしましたのでお知らせいたします。

 

独自の組織戦略の結果、「働きがいのある会社」第1位に選ばれるまでに

ワークスでは「若手にこそ最高難度の仕事を任せる」、「失敗を許容する」等、独自の社内文化の構築に取り組んできました。

その結果として、Great Place to Work Institute Japanが実施した2010年第4回「働きがいのある会社」リストにて、第1位に選出されました。また、採用でも独自の選考を展開。新卒採用では入社意思や学年を不問とした「問題解決能力発掘インターンシップ」を年2回実施、応募人数は年間4万人と高い評価を得ております。

本書では弊社の組織戦略について述べており、創業時から現在に至るまでに文化がどのように醸成され、制度が構築されていったのかをCEO牧野が直接語っております。

 

『君の会社は五年後あるか?―最も優秀な人材が興奮する組織とは』

100810

 

 

8月7日発売(角川one テーマ21) 【新書】

  ▼言われたことだけをこなす仕事が面白いか?
  ▼「勉強ができた人を、仕事ができる人に育てます」
  ▼日給一万円。「問題解決能力発掘インターンシップ」は
  ▼同僚が評価しあう「相互多面評価」
  ▼一度辞めても出戻り歓迎「カムバック・パス」
  ▼採用は北極でしてもいい

 

 

 

=============================================================

 

~ 「はじめに」より~

 

会社にしがみつく時代は、とうの昔に終わっている。

これからの日本は、タイタニック号なのだ。遅かれ早かれ、いつかは沈む船といえる。あなたの会社は、五年後もそこにあり続けるだろうか?仮に、あなたの会社が生き残ったとしても、未来のあなたはそこにいるだろうか? 企業そのものは存続していくかもしれないが、おそらくその多くは市場が見込まれる海外に進出するだろう。そうなると、日本に残る大半の社員は見捨てられるかもしれない。沈む船に余計な荷物は不要だからだ。

 

=============================================================

 

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報窓口(担当:殿岡)
TEL : 03-6229-1231
FAX : 03-6229-1201
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示