WORKS APPLICATIONS

平田機工、統合型人事システム「COMPANY」シリーズを採用

大幅な業務効率化およびコスト削減、マネジメント強化を目指す

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、平田機工株式会社(以下、平田機工)より、統合型人事管理システムとして「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を受注いたしましたので、お知らせいたします。

九州地区での豊富な導入実績を持つ、統合型人事管理システム「COMPANY」を採用

各種生産システム、産業用ロボットおよび物流関連機器の製造、販売を行う平田機工では、人事・給与・勤怠などの情報が複数のシステムにより管理されていたことや、各種帳票届出がシステム化されておらず、紙での運用となっていたことから、業務が煩雑化しておりました。この度、「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」の採用を決定し、シームレスなデータ連携と各種人事関連業務の一元管理による、大幅な業務効率化と業務コストの削減、さらには、将来的にグループ全体のシステム統合を目指します。また、平田機工では熊本県に人事業務の拠点を置いているため、九州地区でも豊富な導入実績があり、充実したサポートを提供できるワークス側の体制も採用決定の大きな要因となりました。

「COMPANY」導入で期待する効果

(1)人材データベースの再構築により人事マネジメントを強化

人事・給与・勤怠など個別に管理していた人事情報を「COMPANY」シリーズにて一元管理することで、人材データベースを再構築、人事情報の共有化が可能になります。これにより、マネジメント層に対しタイムリーに正確な情報を提供し、人材配置などの人事マネジメントの強化を実現します。

 (2)年間延べ約1万時間の業務工数削減へ

従来の紙ベースによる人事関連業務の届出・申請手続きについて、Webシステムを活用することにより、効率的な手続き、データ収集及び管理が可能となり、従業員の利便性の向上並びに人事業務のスピーディーな運用に繋げ、年間で延べ約1万時間の削減を図ることができます。また、勤怠管理においてもリアルタイムに状況把握が可能になるため、コンプライアンス強化を実現します。

 (3)変わりゆく経営環境にも対応し、将来的にはグループでのシステム統合実現へ

「COMPANY」では頻発する法改正やビジネストレンドなどの環境変化に対しても追従し、事業規模の拡大や形態の変化などにも柔軟に対応することが可能となります。また、将来的には国内子会社の人事・給与業務を統合し、平田機工グループにおいて、ワンパッケージによるシステム管理を実現する予定です。

 

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
サービスプロモーショングループ(担当:安部・向井)
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1217
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示