WORKS APPLICATIONS

ワークス、技術者のための勉強会のナビゲーターに登場 ~クラウドコンピューティング技術を用いた実際の開発を語る~

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、来る2010年2月6日(土)に開催される「技術屋目線でのクラウドの実際と今後」と題するキャリアラボラトリー勉強会(主催:キャリアラボラトリー)の全3セッションのナビゲーターとして、ワークスのエンジニア、ワークスグループであるアリエル・ネットワーク株式会社の最高技術責任者が登場することをお知らせいたします。

本勉強会は、ソフトウェア技術者を対象として開催され、参加者が相互に意見交換できる点を評価され、特に高い技術を持つエンジニア、研究開発に従事するエンジニアから、既に多数の参加申し込みを受け付けています。

ワークスは、世界のテクノロジー・リーディング・カンパニーとして、これまで以上に技術的な領域での研究を進めるため、2008年冬にクラウドコンピューティングをはじめとする先端技術等を研究開発する専門部署を立ち上げ、取り組みを進めています。

今後ワークスは、技術者が交流を持ち、意見交換を積極的に行う場を支援することで、日本のソフトウェア業界の発展に貢献してまいります。

開発の現場に即したクラウドを議論

2006年、米グーグルのエリット・シュミットCEOの一言に端を発したクラウドは、今やIT業界のみならず、ITビジネスの周辺に位置する領域の企業にとっても新たなビジネスチャンスとして捉えられています。その一方、クラウド環境下でどのようなイノベーションが起こせるのかという開発者向けの議論がなされる場がないのが現状です。

本勉強会では、クラウドを次代をつくりだす新たな技術革新と捉え、クラウドがソフトウェア開発にもたらす影響や、実務を行う際に必要となるエンジニアリング手法にも触れたセッションを展開する予定です。

勉強会では、ナビゲーターがテーマに沿った発表を行いつつ、参加者にも日常の開発作業で感じている課題や疑問、解決案について積極的に発言いただくスタイルを採用しています。活発な意見交換を行うことで、参加者のスキルアップやノウハウの共有に貢献します。

「技術屋目線でのクラウドの実際と今後」開催概要

日 時:        2010年2月6日(土)勉強会13:30~17:30、懇親会17:30~19:00
場 所:        株式会社ワークスアプリケーションズ 赤坂溜池タワー13階
参加費:        無料(懇親会 1,000円)
申込方法:     株式会社ワークスアプリケーションズ
                      運営事務局 石崎(03-6229-1202)までお問合せください。

≪プログラム内容≫
◆セッション1
テーマ:クラウドのスケーラビリティを実現するアルゴリズム
ナビゲーター:井上誠一郎(アリエル・ネットワーク株式会社 取締役 最高技術責任者)

◆セッション2
テーマ:リレーショナルデータベースがなぜクラウドに使えないのか
ナビゲーター:椎名俊輔(株式会社ワークスアプリケーションズ ATE本部)

◆セッション3
テーマ:クラウドに向いた言語を探る。アプリケーション制作の実際
ナビゲーター:川中真耶(株式会社ワークスアプリケーションズ ATE本部)

プログラム詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.techno-brain.co.jp/careerlab/seminar/cloud_20100206/gaiyou.html

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
リクルーティンググループ(担当:石崎)
TEL : 03-6229-1202
FAX : 03-6229-1201
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示