WORKS APPLICATIONS

ワークス、レジェンド・アプリケーションズと資本・技術提携 ~クラウドコンピューティングにおいて世界最先端の研究開発を促進~

株式会社ワークスアプリケーションズ(代表取締役CEO牧野正幸、本社 東京都港区、以下ワークス)は、世界のテクノロジー・リーディング・カンパニーとして、クラウドコンピューティングをはじめとする最先端の研究開発に注力しております。

このたび、株式会社レジェンド・アプリケーションズ(代表取締役社長 久保努、本社 東京都中央区)と資本・技術面で提携し、人事交流や技術交流を行うことで、現在取り組んでいるクラウドをはじめとする最先端技術の取り込みを促進してまいります。

積極的な人事交流により、最先端技術の研究開発を促進

ワークスはERPの主要分野をHuman Resource、財務・会計、CRM、SCMの4領域と定義し、既に各領域の製品を開発、出荷しています。これまで、日本のソフトウェア業界の中でもトップクラスの研究開発費を投入し、大手企業向けERP「COMPANY」シリーズの開発を行ってきました。昨冬には世界のテクノロジー・リーディング・カンパニーとして、これまで以上に技術的な領域での研究を進めるため、クラウドコンピューティングをはじめとする先端技術等の研究開発の専門部署を立ち上げています。

今後は「COMPANY」各シリーズ内の製品ラインアップの拡充に加え、クラウドをはじめとする最先端テクノロジーの研究開発を促進することで、ユーザーとなる日本の大手企業のERPプロジェクトにかかる費用の低減、納期の短縮化により一層の貢献をはかってまいります。

レジェンド・アプリケーションズは技術者が中心となって設立された会社で、Javaをはじめオープンソース技術に特化した業界屈指の技術を持ち、パフォーマンスやメンテナンスビリティに優れるシステム構築によって、ユーザー企業にとって長期的なコストメリットを提供しています。

提携により、レジェンド・アプリケーションズがこれまで培ったJava技術や大量のトランザクションを処理するシステム構築のノウハウを持つ人材との人事交流や情報交換を積極的に行うことで、ワークスが現在研究を進めている最先端テクノロジーへの取り組みを強化してまいります。

レジェンド・アプリケーションズについて

レジェンド・アプリケーションズは、Java草創期からシステム構築に携わった経験を持つ現経営陣が中心となり、2005年に設立されました。技術的には、Javaをはじめオープンソース技術に特化し、特にJava技術を駆使したミッションクリティカルなシステム構築を得意としています。また、オープンソースベースで独自に開発したフレームワーク「Lakeel」は大手自動車メーカーの自社システム標準化に起用されるなど、多様な実績を誇ります。

特にモバイルECサイトにおいては、ピーク時に月間1億以上のページビューを誇る日本最大級かつ注目度の高いコマースシステムの構築を多数手掛けています。また、独自のフレームワーク技術をベースにすることで、フロント機能(ECサイト)とバックオフィス機能(基幹システム)がシームレスに連携するシステム構築を短期間で構築した実績を持ちます。

レジェンド・アプリケーションズが擁する中国拠点の活用も視野に

レジェンド・アプリケーションズは、中国の上海・北京・大連に拠点を持ち、現在は主にオフショアの開発拠点として現地法人を運営しています。今後ワークスはアジアNo.1のERPベンダーを目指す上で中国を重要な戦略拠点として位置づけており、今後のアジアでビジネスを展開する際の拠点としての活用を視野に入れています。

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示