WORKS APPLICATIONS

IT未経験者50名を採用、「問題開発能力発掘プログラム」募集をスタート ~短期集中でトップコンサルタント・トップエンジニアに養成~

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、中長期採用計画の一環として、中途採用制度 「問題解決能力発掘プログラム トップコンサル&エンジニア養成コース」(以下、問題解決能力発掘プログラム)の募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。 ワークスでは創業以来、高い問題解決能力を持つ優秀な人材をクリティカルワーカーと位置づけ、その獲得に注力しています。創業13年目を迎えた今期も、さらなる企業成長を加速させるべく、ワークス独自の人材採用プログラムを実施してまいります。

IT未経験者に限定したワークス独自の中途採用制度

問題解決能力発掘プログラムは、ソフトウェアやコンピュータのプログラミング実務未経験者のみを対象としています。IT知識や経験の有無にかかわらず、ゼロベース思考型の人材を発掘、見極めを行います。 本プログラム参加者は、入社後、約5ヶ月間の研修カリキュラムにおいて、個々にシステム構築課題に取り組みます。プログラミングの知識の習得のみならず、難易度の高い課題に独力で取り組み、問題を解決していく能力を見極めることを最大の目的とし、トップコンサルタントやトップエンジニアへと養成していきます。 本プログラム修了後は、個人の能力や適性によって、コンサルタントもしくは研究開発エンジニアとして配属されます。  

問題解決能力発掘プログラム 概要

募集期間: ~2008年12月末日まで 入社日(プログラム開始日): 2009年2月1日 対象:大卒以上23歳~29歳までの方 ※ソフトウェアの開発実務未経験者のみ対象 募集人員:約50名 詳細:http://career.worksap.co.jp/career/dss/about.html 備考:1999年からの実施

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示