WORKS APPLICATIONS

中部日本放送が「COMPANY」で人事・労務管理システムを新構築 ~ 一部業務で工数の9割を削減 ~

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、中部日本放送株式会社 (以下、CBC)より、「COMPANY 人事・給与」「COMPANY 就労・プロジェクト管理 」 の2製品を受注し、このたび本稼動を開始いたしました。これにより、大幅な業務改善を実現したことをお知らせいたします。 CBCは、1951年、日本初の民間放送局としてラジオ放送を開始し、現在も地域に根ざした ラジオ・テレビ兼営の放送局として成長を続けています。しかし、昨今では視聴者ニーズの 多様化や放送のデジタル化に向けた設備投資の拡大などにより、業務の効率化が課題と なっています。こうした背景のなか、CBCでは、社内管理業務の効率化を目的とし、 人事・労務関連システムの刷新を決定いたしました。 ワークスは、テレビ・ラジオを始めとするメディア業界において、今後ますますの 需要拡大を見込んでいます。

テレビ業界特有の商慣習にも対応可能な「COMPANY」を採用

CBCはこれまで1994年に稼動した自社開発システムにより人事・勤怠管理業務を行って いました。しかし、業務の変革に伴いシステムでカバーできない領域が拡大し、 頻繁に行われる法改正のたびにシステム改修作業が必要となるなど大きな負担となって いました。また、これまで手作業に頼ってきた社内業務の効率化と人事・労政関連データの 有効活用のため、人事・労務管理システムの再構築が急務となっていました。 低コストでのシステム化を実現するため、複数のパッケージシステムが検討された結果、 メディア業界への豊富な導入実績があり、業界独特の各種制度を標準機能として実装 している「COMPANY」採用へと至りました。

「COMPANY」を利用した新人事・労務管理システムにより得られた効果

CBCでは、「COMPANY」活用により、主に以下のような効果を挙げています。

  1. コスト削減
    「COMPANY」年末調整申告機能を活用し、年末調整業務にかかる作業量を以前の 1/10程度に軽減。
    これまで手作業に頼っていた勤怠管理のWeb化により、毎月2~3日かかっていた 勤務実績の集計作業を5分に軽減。

  2. 制度変更への迅速かつ容易な対応
    これまで人事担当者が個別に入手していた法改正情報を、ワークスが提供する 「@SUPPORT」(COMPANY導入企業向け支援サイト)上でタイムリーに取得。
    法改正に対しては、パラメーターの設定変更や無償バージョンアップにより 対応可能となり、改修コストが不要に。

  3. システム導入中の人事制度変更への柔軟な対応
    「COMPANY」導入中に変更になった人事制度【(1)給与項目の増加 (2)有給休暇制度の 見直し(有給休暇付与パターン倍増)】にも、パラメーターの設定変更により柔軟に対応。

  4. 人事・労政関連データの活用
    これまで多大な工数がかかっていた各種人事データの出力・資料作成業務が、「COMPANY」情報出力機能の活用により大幅に効率化。
    経営指標となる各種データのタイムリーな抽出が可能。

 

中部日本放送株式会社 概要(2008年4月1日現在)

設 立 1950年12月15日

代表者 代表取締役社長 夏目和良

所在地 愛知県名古屋市中区新栄1-2-8

社員数 362人(平成20年4月1日現在)

証券コード 9402(名古屋証券取引所 市場第一部)

事業概要 放送法による一般放送事業(ラジオ/テレビの放送)

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示