WORKS APPLICATIONS

自分の成長に貪欲に、ワークスで大きな社会貢献を ~2008年入社式 CEOメッセージ~

新入社員の皆さん、ワークスへようこそ。新社会人の一歩を踏み出す場にワークスを選んだ皆さんと、これから一緒に仕事ができることを、心から嬉しく思っています。 「問題解決能力発掘インターンシップ」を経て、ここに集まった皆さんは、ゼロからイチを生み出すクリエイティブな能力があります。私たち経営陣は、皆さんにワークスという“興奮するフィールド”を提供しつづけます。この環境を活用し、常に自分の頭をフルに使い、能力を伸ばしてください。 ワークスを選んだからには、のんびりせず、初日から焦るほどに貪欲に成長してほしいと私は考えています。最初の3年で、成長を実感することができるでしょう。そして、次のフィールドは30歳前後に訪れます。そこまではワークスで頑張ってほしい。その先は自分の道を見つけ、スピンアウトして新しい社会貢献を目指す方が出てくるのも歓迎します。 これから始まる各部門でのスターターミッションは、「何かを教えてもらえる場」ではありません。ワークスでの実際の仕事同様、前例のない課題が次々と出されます。ここでの成果によって、皆さんの今後数年の成長が予測されることになります。 答えのない世界では、難しい仕事をしているからこそ、次から次へと壁にぶつかります。なかなか成果が出ず、自分は本当に成長しているのか? と不安になり、モチベーションが下がってしまうことがあるかもしれません。しかし、そんな時こそ、実は一番成長しているときだということを忘れないでください。 ワークスは、「日本企業の情報投資効率を世界レベルへ」「日本のクリティカルワーカーに働く場を」の二つを経営理念として掲げ、企業活動を通じて大きな社会貢献を実現しています。皆さんの今後の成長が、製品やサービスに反映され、大きな社会貢献となることでしょう。 今日からのスターターミッションに全力を尽くし、頑張ってください。          

株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役CEO 牧野正幸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報担当
TEL : 03-6229-1210
FAX : 03-6229-1211
Eメール: pr@worksap.co.jp

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示