WORKS APPLICATIONS

これから始めるグローバルタレントマネジメント 第3弾

掲載日

2018年1月25日(木)

これから始めるグローバルタレントマネジメント 第3弾
グローバルタレマネにAIを


第1弾ではグローバルタレントマネジメント成功のためのファーストステップ を、 第2弾では施策推進のカギとなるグローバル人材データベースの構築 についてご紹介してきました。第3弾では、グローバルタレントマネジメントを実現するためのシステムとして、弊社製品「HUE」をご紹介します。「HUE」とは、人工知能を使った自動解析と自動学習によってまったく新しい業務のあり方を提案する、世界初の人工知能型ビジネスアプリケーションです。企業内に眠る膨大な業務ログデータを収集・解析・学習することで、ユーザの次の行動を予測し、進むべき方向を教えてくれます。そんな「HUE」で実現する高度なグローバルタレントマネジメントとは?

1.豊富な人材情報を手間なく活用可能―人材情報の収集や抽出作業を人工知能がサポート


「HUE」を導入することで、日々の業務上で得た従業員情報・他の社員からの評価・本人の自己評価、ひいてはチャットやSNS上の情報等を一瞬で集めることが可能です。またユーザーは、その中から必要な情報を即座に取り出すことができます。


特定時期の異動者情報や特定の勤務形態の従業員など、業務にフィットした人材情報の抽出はもちろん、人工知能が抽出条件や作表イメージを先回りして提案・サポートすることも可能です。さらに、人工知能が求める人材を探してくれるといった運用も可能です。

2.自動翻訳機能と「HUE」の基盤によって実現する、世界中の従業員での人材発掘・登用


世界中の従業員が日々「HUE」上に書き込む情報を活用できるだけでなく、現状「HUE」上にない人材の情報でも、自動翻訳機能を用いて世界中の従業員に問い合わせることが可能です。「HUE」を活用すれば、人事部はもちろん、従業員なら誰でも人材を探し出すための掲示板を立ち上げ、各国の人材情報を収集することができます。



「HUE」を基盤として言葉の壁を越え、世界中の従業員と協力し、これまでには集められなかった情報・見つけられなかった人材を発掘・登用することができます。


3.大手企業のグローバルタレントマネジメントノウハウを吸収


「HUE」には、サクセッションプラン・スキル管理・eラーニング等、大手企業がこれまで取り組んできたグローバルでのタレントマネジメントノウハウが標準機能として搭載されています。これら機能を段階的に活用することで、高度な人材育成を着実に実現することができます。


また、セキュリティ設定や閲覧権限管理など大手企業が実運用を行う上での必須機能が装備されており、安心して情報を管理・利用することが可能です。

最後に:
グローバルグループ全体の人事システムを一元化するメリット


「HUE」で全社のシステムを統一することで、各社の運用を見直し、効率化を図ることができます。さらに、各社異なる運用を維持したい場合にも、標準機能で対応可能です。また、各国での将来的な法改正やトレンドの変化に対しても、機能強化・追加が行われるため、安定した運用が可能となります。




関連記事はこちら

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示